模造刀のバランス

模造刀は同じ長さでも状態が異なります。
刀身の形状や拵が影響します。


刀身は、

・切先の方が重い
・鍔元の方が重い
・どちらでもない
・重ねが薄い
・重ねが厚い

となります。

また、樋が入ってると、軽くなります。

・1本の浅い樋入り
・1本の深い樋入り
・2本の樋入り

となります。

樋が入ると、刀身の強度は下がります。
もちろん模造刀なので基本的に斬ったり打ち合うことはないと思いますが、
組太刀で使用する場合、つい相手の模造刀とぶつけあって折れる可能性があります。

次に拵は、

・鍔が透かしで軽い
・鍔が重い
・柄が短い
・柄が長い

となります。

実物を実際に触れることは大切ですが、
道場内で同じ模造刀があれば、参考として通販もありだと思います。

模造刀は京都東山堂が居合の方に人気です。