刀を選ぶ極意

多くの流派が刀を扱う武術として研究研鑽してきました。
その極意もまた、多様です。

そもそも、刀は敵を斬るための武器ですが、こんなに薄くて軽い刀剣の武器は、日本独自の発展をしてきました。

もちろん、折れず曲がらずよく切れる、という名言(通称:刃味(じんみ))もありますが、そんな簡単に無敵な仕様ではありません。

同じ素材や作刀方法なら、

物理的に、

長くて太ければ、遠い敵も斬れて破壊力はあるけど、重くて使いこなせない。
短くて軽ければ、敵に届きにくいし、軽くはじかれ、折れやすい。

同じ刀匠でも、観賞用、武用、と作刀方法を使い分けます。

刀そのものの刃味は、別の機会に書きますが、全ての刀の仕様もまた、多種多様なのです。

さて、刀を選ぶ極意、ですが、
幕末の剣聖、千葉周作曰く、「剣は瞬息」とあります。
先に相手に刀が届いた方が勝つ、ということです。

敵との間合い、身長、腕の長さ、刀の長さ&重さが影響します。
ただ、今回は刀についての解説します。
なお、重複しますが、同じ素材や作刀方法の刀の場合とします。

【長くて軽い刀】
敵よりも長い刀なら、当然、先に敵に刀が当たります。
しかも軽いなら、なおさら、先に当たります。
しかし、ちょっと打ち合ったら、長い刀は曲がりやすいのが欠点です。

使いこなすには、打ち合わずに当てる剣技が必要です。

【長くて重い刀】
敵に先に当たりやすく、打ち合っても曲がりにくい刀です。

しかし、長時間、振り回すのが辛いのが欠点です。

使いこなすには、しっかり足腰を鍛えて持久力が必要です。

【短くて軽い刀】
敵との距離を詰めないと、先に刀は当たりません。
先に打ち込ませて、ギリギリを交わして踏み込み、刀を当てる必要があります。

長い刀よりは曲がりにくいですが、軽い分、曲がりやすいです。

使いこなすには、打ち合わずに、体捌きが必要です。

【短くて重い刀】
短くて軽い刀よりも、曲がりにくいです。
重いといっても、長くて重い刀よりは有利です。

使いこなすには、近距離で当てる体捌きが必要です。

と、ざっと上記の分類になります。

ここで、どんな剣士になりたいか、も影響します。

風のように、スピード重視で長時間戦える剣士になるのか。

ガンガン打ち合っても剛胆に覇気のある剣士になるのか。

スピードとパワーの折衷的な剣士になるのか。

スピードを付けたければ、
重い木刀や重い刀を率先して利用し、ゆくゆく軽い刀にするのもいいでしょう。

刀の重さは、
鞘払って、平均1,000gです。

軽い刀は650-900g、
重い刀は1,200~1,500gくらいです。

戦国時代は2,000~3,000gの刀もありますが、尋常ならざる剣士でないと使いこなせません。

また、刀に樋が入ると、軽量化されます。
ただし、耐久性は下がるので、曲がりやすくなります。

何を斬る事が多いのかを想定するのも必要です。

戦国時代は甲冑の上から叩き打つことも多いので、刀身の形状が丸っとした蛤刃が流行り、途中から斬れ味の良い身幅の広い刀が流行りました。

基本的に刀は全て、蛤刃なのですが、用途に合わせて、研ぎ修正してます。
かなり蛤刃なのか、やや蛤刃なのか、という塩梅です。

普通の服装なら、硬いものを斬らないので、やや蛤刃でしょう。

竹や鉄も斬るとなると、かなり蛤刃になる傾向があります。

もちろん、刀身そのものの質がよければやや蛤刃にもなります。

さて、刀を選ぶ極意ですが、
理想は長くても短くても重くても軽くても、臨機応変に使いこなす、となります。

なぜなら、剣の道そのものが臨機応変だからです。

最初は教わる形を体に馴染ませ、個性を磨き、唯一無二の強みを積み上げていくことが守破離でもあります。

私はすでに、学んだ各流派の長短を使い分け、創作の剣技を磨いてます。

最初は、長い刀で大きく剣技の土台を作り、
強い足腰を磨くために重い刀を振り、短い刀でも対応できる扱いを学び、現在は、やや短くて重い刀がしっくりきています。

次の段階は、、すでに決めてるのですが、これは実証後に綴ります。

少しでも、未来の剣士さん達の道標になればと思います。

カテゴリー