居合道の二次効果

これからの世代が居合道を学ぶと、学業や仕事でも得られる二次効果があります。

【学業の好評】
居合道の段所有者というのは、進学時の面接などでも印象が良いです。
なぜなら、日本の伝統文化を嗜み、同時に古武道でもあるということは、個人の姿勢や個性がとても好印象となるからです。

この効果は、メジャーな集団競技や個人競技からは得られない好印象です。

また、全国大会などで入賞すれば、その実績もさらなる好印象となります。

居合道は、単なる武道ではなく、
奥ゆかしい日本の伝統文化を継承する古武道なのです。

【就職の好評】
もはや利点は、学業と同様なのですが、社会に出れば、なおさら、個人そのもの姿勢や個性や心体の強さを審査されます。
可能な限り、高段者であり、全国大会で優勝などを積み上げておきましょう。

【総合的な心体の好評】
居合道をしっかり身につけると、普段の所作も大きく良くなります。

背筋が伸び、ゆっくりなようで早い所作になってきます。

勉強時や仕事中、椅子に座る時の姿勢の良さも一目をひきます。

また、困った時、苦しい時、何があっても乗り越える心体の強さも身につくでしょう。

もちろん、サッカー、野球、剣道などでも得られる心体の強さは必ずあります。

特に強いのは、
最後は個人そのもので乗り越える強さが、学業でも就職でも職場でも求められるからです。

これは集団競技では得られない強みです。

また、居合道を学ぶということは、

歴史に興味を持ち、書物を読み、
着物に興味を持ち、美術刀剣の教養も得られます。

こういった教養は、古武道たる居合道を学ぶからこそ、必然と得ていく知識となります。

茶道や華道のような教養と、古武道としての剣技、両方を得られる嗜みとなります。