刀を曲げない

もともと、刀は華奢な構造ですので、いかに折れず曲がらずよく斬れるか、を日進月歩してきました。
まず、基本的な形状ですが、

刀身が二尺二〜四寸、先重3〜5㎜、刀身重量800gくらいが、平均的な構造かと思います。二尺、三尺の刀身もありますが、今回は除きます。

上記の構造だと、鞘払って1㎏くらいのはずです。

1㎏というと竹刀や木刀の約3倍の重さです。
慣れると、軽く感じるでしょう。

もっと剛刀を好む方は、1.2〜1.4㎏かと思います。

さて、本題です。
鞘払って1kgの刀ですが、材料や作刀方法で刃味(折れず曲がらずよく斬れる)の具合は変わりますが、
剣士が乱暴に扱えば、いずれ曲がる刀がほとんどだと思います。
絶対に曲がらない、というのは難しいと思います。曲がらないように使うというのが前提とはいえ。

現代では、畳表巻の試斬の稽古が一番影響するのではと思います。

例えば、腰が萎えるほど曲げてしまったら、
畳表巻はともかく、実戦なら、とても立ち向かえる状態ではありません。
竹刀や木刀と異なり、何度も敵の打撃をまともに受けれない華奢さであり、刃筋を立てないと、斬ることができない不利な武器です。

戦国時代は、刀が曲がったり折れたら、予備に持参した刀か、敵の刀を奪い取る、とよく書物にあります。

物理的に、鉄の甲冑武者に華奢な刀で打ち合ったら、すぐに曲がったり折れたりするのは想像しやすいと思います。

幕末の京都は、着物の下に鎖帷子を着込んだ者と激闘があるように見えますが、同じく刀の堅牢さが求められると思います。

多くの剣技は、打ち合うと刀が曲がるか折れることを考慮して、打ち合わせないか、受け流す形になります。

剣道のように何度も打ち合うのは、耐久性とは異なると思います。

想定される実戦としては、
形通りには進まないはずです。

試しに、竹刀か木刀を真剣に見立てて、試合風の稽古をすればわかります。

長い前置きをしましたが、
よほど達人でないと、互いの刀を触れあわずに、自身の刀を敵に当てるのが至難だと思います。

おそらくほとんどの実戦は、刀同士が触れ合うことは避けれないでしょう。
その時、すでに曲がって腰の萎えた刀で勝負に挑めますか?

一度も曲がったことがなく、確認できる限り、折れず曲がらずよく斬れる刀を選ぶのではないでしょうか。

ゆえに、そもそも刀の選び方、日頃から愛刀を自身の相棒として、丁寧に大切に扱うすべが必要です。

鑑賞重視のお店では、曲がってても関係なく刀を販売してたりします。
なぜなら、鑑賞用には関係ないからです。

刀は高額です。
じっくりと本質を見極めて購入されるのをお勧めします。

カテゴリー