鞘の修理(補強・籐巻き・塗装)について

研ぎ上がった刀の鞘の鯉口が緩くなったので、修理しましたが、

その際、濃口をきつくしすぎて棟側を割ってしまいました。

刀屋に修理依頼すれば、15,000円(鮫皮巻き)くらいで注文できますが、

鞘本体は、新規注文で4〜5万円ですので、ちょっと高いと思います。

そこで、今回は、ホームセンターで下記の素材を入手して、自身で修理しました。

“鞘の修理(補強・籐巻き・塗装)について” の続きを読む