当館紹介

当館紹介

居合道とは、戦国時代に林崎甚助が始祖となる居合(抜刀術)を中心とした武道です。

無双直伝英信流は、その直系の流派であり複数の連盟・道場が全国にあります。

当館は小中高生を中心に活動する道場です。

大人の方もおりますが、幼少期から剣の世界を学べる環境を実現したいと思い始めました。

日本の武道は、何歳からでも始めれることがとても魅力的です。

幕末の剣豪、千葉周作も柔軟な姿勢と指導していたとあり、私のお手本でもあります。


道場名である「春雷館」の「春雷」とは、『厳しい冬を乗り越えた時に春の到来をつげる雷鳴』という意味です。

日々鍛錬して課題や試練を乗り越えた時や火急の時に発揮する力が平和をもたらす姿勢が、私の居合の精神性と重なると思い、道場名にしました。

春雷館では、居合道を通じて心体を鍛えるだけでなく、

日本の伝統文化である剣術から得られる姿勢・所作・矜持などを習得できます。

居合には、精神性と実用性の二つがあります。

詳しくは下記の記事をご参照ください。

私の居合の定義について

https://iai-dojo.jp/content0036.html

 

所属:大日本居合道連盟 東京士魂會