鞘の修理(補強・籐巻き・塗装)について

研ぎ上がった刀の鞘の鯉口が緩くなったので、修理しましたが、

その際、濃口をきつくしすぎて棟側を割ってしまいました。

刀屋に修理依頼すれば、15,000円(鮫皮巻き)くらいで注文できますが、

鞘本体は、新規注文で4〜5万円ですので、ちょっと高いと思います。

そこで、今回は、ホームセンターで下記の素材を入手して、自身で修理しました。

・真鍮の薄板(0.3mm)

・ナイロン糸(釣り糸と同じ様な頑丈な糸)

・カシュー塗料(黒)

・ペイントうすめ液(カシュー塗料うすめ液の代用)

・耐水ペーパー(#400、#1500、#2000)

・籐(以前まとめて購入済み。約3000円でまとめ買い。)

それでは修理開始します。

①真鍮の薄板を貼る

濃口から栗形までを少し削ったり、割れた部分を整えてから、ハサミで切った真鍮の薄板を巻き付け、トンカチで叩いて馴染ませます。金属対応の瞬間接着剤で取り付けたら、ゴムなどで巻いて固めます。

 

②ナイロン糸を巻く

真鍮の薄板を強く巻き付け、さらに、上からナイロン糸を強く巻き、瞬間接着剤で固定します。

ナイロン糸を巻く時、始めと終わりは気をつけてください。

始めと終わりは、それぞれ、3本くらいずつに内側に差し込んでから、強く引き、余った部分をカットします。

 

③籐を巻いて、塗装する

ナイロン糸と同じ原理で、籐を巻き、カシュー塗料を塗ります。

カシュー塗料とうすめ液は、6:4くらいを勧めます。

何回かに分けて塗ります。

塗り始めて24時間後には、乾いてます。

とても臭うので、屋外での作業がいいです。

 

④鞘を塗る

もともと焦げ茶の鞘でしたが、籐巻の黒に合わせて、鞘全体も黒く塗りました。

すでに4年ほど愛用しており、かなり劣化してましたので。

塗り終わって、24時間経ったら、耐水ペーパー(#2000)で優しく整えて完成です。

 

⑤完成

全体的に整いました。

籐巻きだけでは、補強としては怖かったので、真鍮薄板やナイロン糸で頑丈になりました。

鞘を細いままで使いたければ、鞘をたくさん削って埋め込む様に、籐巻きがいいと思います。